ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

森林の伐採には届出が必要です

2022年04月01日掲載

森林の伐採には届出が必要です


森林所有者などが、森林の立木を主伐及び間伐により伐採しようとするときは、あらかじめ市に伐採届出書(伐採及び伐採後の造林の届出書)の提出が必要です。
また、主伐後に造林したときは造林報告書(伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書)の提出が必要です。
この伐採計画の事前届出の制度は、市や県が伐採の行為の実態を把握することにより、適正な森林施業を確保し、森林資源の状況を把握しようとするために設けられています。

■届出の対象

富士地域森林計画の対象となっている森林(自分の所有する森林でも届出が必要です)
伐採を行う民有林が地域森林計画の対象であるかどうかは、市役所農業政策課 林業係で確認できます。

■伐採届出書■(伐採及び伐採後の造林の届出書)

■届出の時期

伐採を開始する日の90日前~30日前

■届出の内容

森林の所在場所、伐採面積、伐採方法、伐採樹種、伐採齢、伐採後の造林計画など

■届出が必要な人

・森林所有者または伐採、造林の権原を有する者
・伐採者と造林者が異なる場合は連名
・1ヘクタール未満の山林を山林以外の目的に転用する場合は、市へ伐採届の提出と同時に森林開発行為計画書が必要です。
※1ヘクタール以上の山林を山林以外の目的に転用する場合は県へ林地開発の許可の申請が必要です。

■届出様式

■添付書類

土地・立木所有、所有者等の住所が確認できる書類(登記事項証明書、立木売買契約書、住民票等)、伐採区域が確認できる図面、その他市町村長が必要と認める書類

■伐採報告書■(伐採に係る森林状況報告書)

■届出の時期

伐採の終わった日から30日以内

■届出の内容

伐採状況(面積、方法、伐採率、樹種、期間、作業委託先、伐採齢、期間、集材の方法)など

■届出が必要な人

・伐採をした人
※間伐の場合は不要

■届出様式

■造林報告書■(伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書)

森林法第10乗の8第2項の規定により、主伐等により立木の伐採及び造林(天然更新含む)をしたときは、新たに届出が必要になりました。(2017年4月改)

■届出の時期

造林が終わった日から30日以内

■届出の内容

造林状況(方法、期間、樹種、面積、本数、作業委託先、鳥獣害対策)など

■届出が必要な人

・造林をした人
※間伐の場合は不要

■届出様式

■伐採届を提出しない場合は

無届出の場合、変更命令、遵守命令に従わない場合には、森林法(207条)により 罰金に処せられる場合があります。

■次の場合には伐採及び伐採後の造林の届出は不要です。

(1)林地開発の許可(森林法第10条の2による規定)を受けた場合には、その地域にかかる届出は不要です。   
(2)森林経営計画の認定を受けている森林で、計画に基づく伐採を行う場合には事前の届出は必要ありません。伐採の終わった日から30日以内に森林経営計画にかかる伐採等の届出書が必要です

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

産業振興部 農業政策課 林業係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1153

ファクス: 0544-22-1207

メール : nosei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る