ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

不妊・不育症治療費助成制度

2022年04月12日掲載

不妊・不育症治療費助成制度をご案内します。


富士宮市では、不妊・不育症治療を行おうとする夫婦に医療費の一部を助成し、経済的負担を軽減します。

令和4年度から不妊治療の保険適用が拡大されることにより、県の助成事業は経過措置を残して終了しますが、当市では今までどおり助成を行い、子どもを持ちたいという方々の気持ちに寄り添い続けます。

重要

  • 令和4年度の申請期限は令和5年1月31日までです。
  • 保険適用の治療については、各保険組合等から交付される限度額適用認定証を必ず提示して受診してください。

助成対象者

※下記条件をすべて満たすこと

  • 夫婦の一方または両方が富士宮市民であること。
  • 国内の医療機関において、不妊症や不育症と診断され治療を行っていること。
  • 同一の夫婦の間にある子が2人以上いないこと。

対象治療費

  • 令和4年1月から12月までの治療費。
  • 直接的な治療として医師が証明する治療。(タイミング法、薬物療法、人工授精、体外受精、顕微授精、男性不妊治療等)
  • 保険対象外・保険適用、いずれの治療費も対象です。

対象治療費から差し引くもの

  • 静岡県の制度を併用された場合、県から支給される助成額
  • 医療保険等から付加給付が行われる場合は、その給付額
  • 各保険組合等から高額療養費等が支給された場合は、その給付額

助成額・助成年数

  • 対象治療費の2分の1の額。
  • 1年度あたり80万円(100円未満切捨て)まで。
  • 令和4年1月から12月までの間に2回まで、通算5か年まで。
  • 人工授精・不育症治療を行った方は、下記リンクもご確認ください。

申請時期

  • 令和5年1月31日が、申請期限です。
  • 申請書類は、遅くても11月末までに健康増進課の窓口まで取りに来てください。

静岡県 不妊・不育専門相談

不妊症・不育症についての悩みや不安へ対応します。
電話相談は、不妊カウンセラーの資格をもった助産師、保健師等が、面接相談は産婦人科医が気持ちに寄り添って対応します。
詳しくは下記のHPを参照してください。

間違い電話が多発しています。

間違い電話は相手の方に多大なご迷惑がかかってしまいます。
電話をかける際には電話番号をよくお確かめください。
万一かけ間違いをしてしまった時は、相手の方に十分なご配慮をお願いします。

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課 母子保健係

〒418-0005 静岡県富士宮市宮原12番地の1

電話番号: 0544-22-2727

ファクス: 0544-28-0267

メール : kenko@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る