ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

地元出身 甲斐みのりの「みやめぐり(車で出かける富士山編)」について

2022年03月17日掲載

富士宮市出身、文筆家の甲斐みのりさんが監修・著作した富士宮市の魅力がぎゅっとつまった紹介冊子『地元出身 甲斐みのりのみやめぐり~おやつとお茶と、ときどきごはん~』(車で出かける富士山編)を制作しました。

甲斐みのりのみやめぐり~おやつとお茶と、ときどきごはん~

車で出かける富士山編

富士宮市は、地元出身の文筆家、甲斐みのりさんと、飲食店や施設や風景などを取材し、富士宮市LINE公式アカウントにて「甲斐みのりのみやめぐり」と題し、約1年間にわたり富士宮の情報をお届けしました。

その配信内容を基に発行された、まちの案内冊子「徒歩で楽しむまちなか編」。
今回はその続編として、まちなか編以外にLINEで紹介したおすすめスポットをまとめ、冊子「甲斐みのりのみやめぐり~おやつとお茶と、ときどきごはん~車で出かける富士山編」を発行します。

今回の表紙は、甲斐さんの小さい頃の思い出でもある「タヌキケーキ」を田貫湖で撮影したものです。
甲斐さんの視点で表現された富士宮の魅力を、じっくりと味わっていただきたいと思います。

地元出身 甲斐みのりのみやめぐり~おやつとお茶と、ときどきごはん~ 車で出かける富士山編(表紙)

冊子概要

○ 仕様:B5判 16ページ + 表紙まわり4ページ

○ 監修・著:甲斐みのり
  写真:鍵岡龍門
  デザイン:横須賀拓

配布について

配布場所

 冊子は、富士宮市役所担当課の窓口や、市内の各図書館、各交流センターのほか、冊子に掲載されているお店や施設にて無料で配布するほか、東京都など、甲斐みのりさんゆかりの書店やカフェなどにも設置いただきます。

  ○ 手紙社
   (手紙舎つつじヶ丘本店:東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35 神代団地商店街 101
    手紙舎 2nd STORY:東京都調布市菊野台1-17-5 2階
    TEGAMISHA BREWERY:東京都調布市下石原2-6-14 ラ・メゾン 1階)
  ○ ユトレヒト(東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C)
  ○ HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ3F)
  ○ cotogoto(東京都杉並区高円寺南4-27-17-2F)
  ○ 36 sublo(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16 原ビル 2F)
  ○ NAOT
   (NAOT NARA:奈良県奈良市芝突抜町8-1
    NAOT TOKYO:東京都台東区駒形2丁目1-8楠ビル301
    NAOT AICHI:愛知県犬山市西古券92番地よきやビル2F)
  ○ 本屋 B&B(東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F)
  ○ 誠光社(京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437)
  ○ 恵文社 一乗寺店(京都市左京区一乗寺払殿町10)
  ○ 三保原屋 LOFT店(静岡市葵区両替町2-4-1)
  ○ バニラカフェ(和歌山県田辺市南新町201)
  ○ 大黒屋製菓舗(静岡市葵区大岩2-3-8)
  ○ INN THE PARK(沼津市足高220-4)
  〇 富士宮市立図書館、交流センター、公民館(一部)
  〇 冊子掲載店舗
 ほか
 (配布が終了している場合はご了承願います)

※ お一人様一冊でお願いいたします。

郵送希望の方へ

希望者には、郵便による送付申込を受け付けます。

【郵送希望される方へ】
 縦5cm、横10cm程度の大きさの任意の紙片(※)に「郵便番号」「住所」「氏名」を表面に、裏面に「電話番号」を記載いただき、返信用の切手(140円)とともに、下記の宛先へご送付ください。
 ※紙片をそのまま送付用の専用封筒に貼り付けてお送りします。

  〇送付先
   〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150
   富士宮市役所 企画戦略課 みやめぐり(富士山編)担当 行

※ お一人様一冊でお願いいたします。

【まちなか編も合わせて取り寄せたい場合】

富士山編とまちなか編を合わせて取り寄せたい場合は、1冊の場合と同様の紙片とともに、2冊分の郵送代にあたる以下の金額分の切手をお送りください。

・郵送料 210円

ノベルティ情報

〇甲斐みのりさんデザインの封筒
 富士山編発行に合わせて、冊子サイズの封筒を甲斐みのりさんにデザインしていただきました!
 郵送をご希望された方には、こちらの甲斐みのりさん直筆の富士山封筒に入れてお送りします。
 ※お受け取りご希望の場合は、市役所3階企画戦略課の窓口に直接お越しください。

〇「まちなか編」「富士山編」表紙のポストカード
 各冊子の表紙を飾った写真がポストカードになりました。
 「まちなか編」と「富士山編」こちらも冊子とともにお配りいたします。

甲斐みのりさんデザイン封筒と2種ポストカード

甲斐みのりさんメッセージ

甲斐みのりさん

これまで富士宮といえば、富士宮やきそばと、朝霧高原の富士山の絶景を紹介されることが多かったので、「みやめぐり」ではあえて誰もが知る富士宮とはまた違った、自分の得意分野でもある、おやつとお茶を軸に制作しました。

富士宮には、ダイヤモンド富士でも知られる「田貫湖(たぬきこ)」という湖があり、子どもの頃は、タヌキが泳いでいるからタヌキコという名前なのだと思い込んでいました。
さらには幼い頃、当時は実家から一番近かった洋菓子店〈長崎屋〉で、必ず「タヌキケーキ」を買ってもらっていたので(私の動物ケーキ好きの始まりは、長崎屋のタヌキケーキがきっかけです)、富士山編の表紙は、「田貫湖で長崎屋のタヌキケーキの写真を撮るんだ!」と決めていました。

田貫湖とタヌキケーキの背景に、富士山が見えてくれたらよかったのですが、富士山はとてもきまぐれで、撮影日に顔をみせてもらうことができず。
本来は田貫湖からも美しい富士山が見えますので、ぜひタヌキケーキをおやつに持って、田貫湖を訪れてみてください!

甲斐みのりさんプロフィール

富士宮市生まれの文筆家。
旅や散歩、お菓子や地元パン、クラシックホテル、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍・雑誌・webに執筆。富士宮市立中央図書館に開館日初日から通い、本や映画に夢中で触れたことで、著述業を目指すにいたる。
著書は『静岡百景』『東海道新幹線各駅停車の旅』『電車でめぐる富士山の旅ー御殿場・富士宮・富士吉田・清水へ』など、40冊以上。さまざまな自治体の観光案内冊子も手がける。


配布にご協力いただける店舗を募集します

冊子「甲斐みのりのみやめぐり」の配布にご協力いただける店舗を募集します。
ご協力いただける店舗の方は、下部に記載の担当課までご連絡をお願いします。

”#みやめぐり” 冊子掲載店を訪れてインスタグラムで甲斐さんとつながろう

冊子に掲載されているお店に訪れて、インスタグラムで発信!
甲斐みのりさんも、LINEの配信に合わせて”#みやめぐり”でインスタ投稿しています。

#みやめぐり

同じハッシュタグをつけて、甲斐さんと同じ気分で「みやめぐり」してみませんか?

LINEで配信「甲斐みのりのみやめぐり」

文筆家・甲斐みのりさんの、地元を巡る「甲斐みのりのみやめぐり」。
令和3年1月から約一年にわたり、市公式LINEにて配信しました。

配信内容については、以下のリンクからご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

企画部 企画戦略課 地域政策推進室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1215

ファクス: 0544-22-1206

メール : kikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る