ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

【注意!】猛毒きのこ「カエンタケ」

2021年08月25日掲載

当市で猛毒きのこ「カエンタケ」が確認されています。

猛毒きのこ「カエンタケ」

カエンタケは非常に毒性が強く、素手で触るだけでも皮膚が炎症を引き起こすほど、大変危険なきのこです。
このカエンタケはミズナラやコナラの枯れ木(ナラ枯れ)の根元付近に自生していることが多いです。発見しても絶対に触れないでください。

カエンタケ

特徴

色と形、大きさ 表面はオレンジ色から赤色
細長い円柱状または棒状で、土から手の指が出ているように群生または単生する。
数センチから20数センチまで成長する。
発生時期 夏から秋
発生場所
ブナ、コナラなどナラ類の付近地上部に発生する。枯木や伐採後の根の付近に多い。
症状 食後30分から、発熱、悪寒、嘔吐、下痢、腹痛、手足のしびれなどの症状を起こす。
2日前後で消化器不全、小脳萎縮による運動など脳神経障害により死に至ることもある。
肌に触れると接触部位の炎症を起こす。

お問い合わせ

環境部 花と緑と水の課 自然保全係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1169

ファクス: 0544-22-1207

メール : midori@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る