ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

2022年08月15日掲載

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について掲載しています。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金とは

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するなかで、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげるため、自立支援金を支給します。

支給対象者

次の1から5のいずれにも該当する世帯が対象となります。

1.次のいずれかの理由により、緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

  • 総合支援資金(再貸付)を借り終わった世帯
  • 自立支援金の申請する月が、総合支援資金(再貸付)の最終借入月の世帯
  • 総合支援資金(再貸付)が不承認となった世帯
  • 総合支援資金(再貸付)の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
  • 令和4年1月1日以降に新たに自立支援金を申請するものであり、かつ、緊急小口資金及び総合支援資金(初回)の貸付を受けた世帯

※対象者には、個別に案内を送付予定です。

2.申請日の属する月において、世帯の生計を主として維持している方

3.申請日の属する月における世帯全員の合計収入が、次の表の金額を越えないこと

給与収入の場合は、社会保険料等天引き前の支給額(ただし交通費支給額は除く)、自営業の場合は、事業収入(経費を差し引いた控除後の額)で計算します。

世帯人数 収入上限額
単身世帯 115,200円
2人世帯 160,000円
3人世帯 188,300円
4人世帯 223,300円
5人世帯 257,300円

4.世帯の預貯金及び現金の合計額が、次の表の金額を越えないこと

世帯人数 預貯金等の合計金額
単身世帯 468,000円
2人世帯 690,000円
3人世帯 840,000円
4人以上世帯 1,000,000円

5.今後の生活に向けて、下記のいずれかに該当すること

(1)公共職業安定所(ハローワーク)等に求職の申し込みをし、以下のすべての求職活動を行うこと
  • イ)月1回以上、富士宮市社会福祉協議会での面接等の支援を受ける
  • ロ)月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)等で就職相談等を受ける
  • ハ)原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける
(2)生活保護申請中で、まだその決定を受けていない方(生活保護受給中の方は対象となりません)

自立支援金(初回)を終了した世帯は、一定の条件により、再支給が可能となります。

自立支援金(初回)の支給期間に、誠実かつ熱心な求職活動を行ったにもかかわらず、なお自立への移行が困難であった方に対して、自立支援金(再支給)の申請受付を開始します。
※対象者には、個別に案内を送付する予定です。

支給金額

単身世帯:月額60,000円
2人世帯:月額80,000円
3人以上世帯:月額100,000円

支給期間

支給決定から3ヶ月間

申請期限

令和3年7月15日から令和4年9月30日(土・日・祝日は除く)、午前8時30分から午後5時15分まで
申請書類に必要事項を記入し、福祉総合相談課へ提出(郵送申請不可)

申請書類

下記の書類を支給決定の申請書とさせていただきますので、ご記入をお願いします。
その他の添付書類については、様式(1-2)又は(1-5)の裏面をご覧ください。

(初回用)申請書類

(再支給用)申請書類

関係機関

お問い合わせ

保健福祉部 福祉総合相談課 福祉相談支援係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1561

ファクス: 0544-22-1203

メール : fukuso@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る