ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和3年5月 富士宮市教育委員会定例会(議事録)

2021年07月01日掲載

令和3年5月 富士宮市教育委員会定例会の議事録を掲載しています。

日時

令和3年5月20日(木曜日)
開会:午後1時28分 閉会:午後2時36分

場所

市議会第2委員会室

出席者

教育長、教育委員及び説明のための事務局職員

会議

開会

(教育長)
皆さん、こんにちは。ただいまから富士宮市教育委員会令和3年5月定例会を開会します。

会期

(教育長)
本定例会の会期は、会議規則第4条の規定により、本日1日とします。

会議録署名委員の指名について

(教育長)
最初に、「日程第1、会議録署名委員の指名」を行います。
本日の会議録の署名につきましては、牧野委員・芦澤委員にお願いします。

教育長報告

(教育長)
次に、「日程第2、教育長報告」を私から行います。

総合教育会議は、年に2回行われる予定なのですけれども、第1回目を7月20日に、実施内容としましてはGIGAスクールの進捗状況、ICT教育の進捗状況ということで、午前中に井之頭小学校で授業参観をした後、場所を変えてその小学校の向かい側にあります井之頭区民館で総合教育会議を開きたいと思います。例年は定例教育委員会を開催して、その後総合教育会議という形だったのですけれども、今回はそれを逆にして、午後に、井之頭区民館から新しくなった白糸会館へ場所を移して、そこで定例教育委員会を開催する形で予定をしています。

GIGAスクールの現在の進捗状況について、担当のほうで資料をまとめてもらいましたので、委員の皆さんのお手元にお分けしてあります。学校教育課が担当になりますので、見ていただいて何か御不明な点がありましたら連絡していただければと思います。

市教育委員会の学校訪問についてですけれども、まだ収束には程遠い状況ですので、学校の負担を考えて、令和3年、令和4年度に限って、2年間で小中学校を訪問するという形を取りたいと思います。今日お分けした定例教育委員会の資料にその詳細が載っていますので、同行を希望される場合には学校教育課のほうに連絡していただければと思いますので、よろしくお願いします。
本年度は、新任校長、それから教頭の小中学校を優先して訪問するということと、訪問の視点として、学びを止めない学校経営ができているかどうか。授業の充実ということよりも、子どもたちの学びを止めないような学校教育ができているかということで、先生方と子どもたち、児童生徒の様子を確認してくるということ、またその状況を学校側の管理職の校長先生、教頭先生のほうから説明していただくという形で進めたいと思いますので、よろしくお願いします。

新型コロナウイルスの感染状況につきましても、昨日の時点での資料をお分けしてあります。富士宮市の場合には、連休明けは少し心配したのですけれども、今のところ学校のほうは安定した状況で推移しています。それから、本日もほぼ同じ状況ですので、このままの状況が続いてくれればと思っています。

各課報告・質疑等

各課報告の後、次のことについて質疑応答等が行われた。

(委員)
ヤングケアラーの状況について、青少年相談センターへ相談としてあがってきているのでしょうか。
(社会教育課)
青少年相談センターには相談として来ていなくて、子ども未来課の家庭児童相談室に相談がいっている状況です。
(学校教育課)
ヤングケアラーについて、学校でも家庭状況の把握ということで、教育相談も設けて戸別に子どもの様子を確認しています。
その中で気になるようなことがあれば、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーにつなぎながら、家庭児童相談室に状況をお伝えして、そちらの方で対応していただくように体制を整えているところです。

(委員)
一人一台PCの持ち帰り用ケースについて、小学校は市で一括購入、中学校は保護者へ購入を依頼しているが、なぜこのような形になったのでしょうか。
(学校教育課)
2点理由があります。1点目は、発達段階ということで小学生にとって気をつけて持ち帰ってくださいと言葉だけではなかなか伝わりづらい部分もあるので、丁寧に、大切にということで一括購入しました。
2点目は、中学校については3年間、小学校は6年間という期間があり、小学校から中学校に持ち上がっていくときにケースを用意していれば、そのまま中学校まで持っていけます。例えば、中学3年生にカバーを買ってくださいといったときに1年間で使い終わってしまう可能性もあるので、保護者の負担を考えて、校長会で相談をして決定しました。

(委員)
スクールカウンセラーについて、現状各学校を回っているような状況だと思いますが、現状と相談件数等をお答えいただければと思います。
(学校教育課)
相談件数については、把握しておりませんが、相談業務については、不登校の子どもや学校に来られない子どもの保護者の相談をしたり、学校に来ているけれども友達とうまく関わりを持てない子どもに対して希望を聞きながら、時間を取って行っているところです。
また、これは良い例だと思うのですけれども、小規模校においてはカウンセラーさんが本当に一人ずつ、時間はたくさんは取れないのですけれども、5分くらいずつでも全員と話をして、困っているようなことはないか相談に応じるというような活用の仕方もしています。

(委員)
富士宮市民文化祭について、小ホールで行うとのことですが、ステージもホールも小さいのですけれども、感染症対策として大丈夫なのでしょうか。
(文化課)
そこは私どもも若干の危惧がありましたので、検討致しましたが、参加団体から人数を絞り、マスクを着用、それから観覧者も制限するということで、大ホールだと大きすぎて手に余るということもございますので、小ホールで開催するという判断をしました。

(委員)
指定管理者からの年間報告で、利用者の名簿提出について要望が出ています。現在、市が管理する施設の利用方法として名簿の提出が義務付けられているのでしょうか。他市では、施設の利用に対して名簿を書くのですが、市は確認をした後、名簿を主催者に返すという方法を取っているところもあるものですから、富士宮市もそういう形で運用されているのか確認したかったところです。
(各所管課)
名簿については、全て提出していただいております。

閉会

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部 教育総務課 総務係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所6階)

電話番号: 0544-22-1182

ファクス: 0544-22-1242

メール : e-somu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る