ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

地方税電子申告(eLTAX)について

2020年12月22日掲載

地方税電子申告(eLTAX)とは、全国の地方公共団体が共同で運営する地方税ポータルシステムです。
地方税に関する手続きを、インターネットを通じて行うことができます。
全国すべての地方公共団体がeLTAXを導入しています。


eLTAXのメリット

●紙ベースでの提出から電子媒体での提出へ

給与支払報告書や法人市民税の申告書などの提出は、紙に打ち出したものや手書きしたもので提出いただいておりました。
eLTAXの導入により、自宅やオフィスからインターネットを利用して提出することができるようになり、作業の効率化や経費削減につながります。

●提出先が自動で振り割られる

eLTAXでは、申告書等の提出物を各地方公共団体それぞれに提出する必要がありません。
eLTAXに対し一括送信するだけで、自動的に各地方公共団体へ振り分けられます。

富士宮市におけるeLTAXのサービス内容

税目・担当課 電子申告 電子申請・届出
個人住民税(市民税・県民税)
担当:市民税課(市民税係)
・給与支払報告書
・給与支払報告書、特別徴収に係る給与所得者異動届出書
・普通徴収から特別徴収への切替届出書
・公的年金等支払報告書
・特別徴収義務者の所在地、名称等変更届出書
法人市民税
担当:市民税課(法人諸税係)
・予定申告
・中間申告
・確定申告
・修正申告
・法人設立、設置届書
・異動届
固定資産税(償却資産)
担当:資産税課(家屋係)
・償却資産申告書
・種類別明細書(増加資産・全資産用)
・種類別明細所(減少資産用)
・該当なし

eLTAXご利用の流れ

eLTAXを利用するには、以下の手続きが必要です。

1.利用届出書

eLTAXホームページにて新規利用届出を行い、利用者IDと仮暗証番号を取得してください。

2.手続き完了通知

新規利用届出を行うと「手続完了通知」が届きます。この通知が届くと、eLTAX電子申告サービスを利用できるようになります。(「手続完了通知」が届くまでに数週間かかる場合がございます。)

3.ソフトウェアを取得

電子申告を行うには、申告書などを作成・送信するためのeLTAX対応ソフトウェアが必要です。
eLTAXホームページからeLTAX対応ソフトウェア(PCdesk)を無料で取得できます。また、市販されている税務会計ソフトウェアの中にも、eLTAXに対応しているものがあります。

4.暗証番号変更

利用者ID、及び同時に発行された仮暗証番号でeLTAXへログインし、暗証番号を変更してください。
※仮暗証番号は有効期限を過ぎると失効になりますので、必ず暗証番号の変更をしてください。

5.電子申告・申請・届出

以上1~4までの手続きが完了すると、申告書などの作成・送信ができるようになります。

6.地方税共通納税システム

令和元年10月から地方税共通納税システムでの納付が可能になりました。
個人住民税(給与特徴分・退職所得に係る納入申告分)、法人市民税について、情報リンク方式、ダイレクト方式、オンライン方式での納付が可能となりました。(※納付に際しては事前に地方税共通納税システムの登録手続きが必要です。)

お問い合わせ先:収納課 納税係 0544-22-1128

セキュリティについて

利用者の皆様に安心してご利用いただけるように、セキュリティの確保に万全を期しています。
●利用者ID・暗証番号によって利用者を特定します。
●送信されるデータには電子署名の付与及び電子証明書(※注)の添付によって受信側で検証を行うことにより、改ざんの有無の検出や、なりすましを防止します。
●情報は暗号化して送信されるため、個人情報の漏えいを防ぎます。

(※注)電子証明書は、電子的な身分証明書です。個人が電子証明書を新規に取得するにはマイナンバーカードが必要です。詳細については富士宮市役所1階の市民課にお問い合わせください。
マイナンバーカードの申請については以下のリンク(マイナンバーカード)をご覧ください。

eLTAX(エルタックス)に関するお問い合わせ先

eLTAXの利用開始や具体的な利用方法等に関する詳細については、eLTAXホームページ(外部サイト)をご覧ください。
なお、eLTAXご利用に際して、ご不明な点等がございましたら、eLTAXホームページの「よくあるご質問」
(外部サイト)をご覧ください。

eLTAX広報動画

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る