ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市民協働について

2018年03月24日掲載

市民協働の意味や必要性を説明します。

市民協働とは?

「協働」とは、異なる環境にあるものや、異なる考え方をもったものが、共通の目標や目的に向かって、能力、労力、資源、知恵などを出し合い、対等な立場で活動していくことです。
「市民協働」は、市民と行政がそれぞれの特性を活かし、共通する目標の実現に向けて連携するもので、「自分たちの力で富士宮市をいいまちにしよう」という市民の主体性が発揮できるものです。

市民協働の必要性

生活の価値観の多様化による地域コミュニティの変化や少子高齢化に伴い、さまざまな社会的課題が発生しており、行政だけでは対処できない問題も多くなっています。
このような中、行政と市民活動団体等がその枠を越えて、お互いの特性を生かした活動が求められています。

参考:社会的課題に対する市民と行政の多様な関係

富士宮市NPO等市民活動促進事業

NPOやボランティア団体等の市民活動の普及と市民の活動への参加促進を図ることを目的として、市民活動団体の皆さんが企画提案した事業を行政と団体等の協働で進めます。

お問い合わせ

市民部 市民交流課 市民交流係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1165

ファックス番号: 0544-22-1284

メール:koryu@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る